runed switch

Runed Switch


宝珠の守人(Mondain’s Legacy)から登場したタリスマンには、チャージの付いたプロパティが存在します。

Runed switchは、そのチャージを回復させる効果がありますが、作成に手間がかかります。

タリスマンの説明

1.Runed switchの作り方

runed switchの作成には、複数の工程を経る必要があります。

×8 硝工 ×1 書写 ×1 大工 ×1
×1
×1
×1
×1 書写 ×1
×1
×1
×1
×2 細工 ×1
×1
×1
×2

2.Runed Switchの使い方

  • Runed switchをダブルクリックする
  • チャージ(残り使用回数)が0回になったタリスマンをターゲットに指定する
  • 使用回数が回復する

チャージを使い切っていないタリスマンに使用しても効果はありません(現在のチャージを使い切るまでチャージできない内容のメッセージが出現します)。

チャージの回復量は、包帯が出現するタリスマンを繰り返しチャージしたところ(初期31→24→15→32→14→30→・・)となっており、
初期に出現しうるチャージの範囲内(10~50)でランダムに回復するようです。

なお、トレジャーハントで入手できるmana phasing orb [マナ同調のオーブ]のチャージを回復させることはできません。